SCHELMIN

夏期(6月〜9月半ば)のご配送(クロネコ便)は受けておりません。
※自社配達は通常通りです。

ドイツ記:クランツ ”挿す”

ドイツから帰ってきて、どれほどクランツに挑戦してきただろうか。

作っても作っても飽きることない形。

そのきっかけになったのがこの講習でした。

 

始まりも終わりもない形、クランツ。「永遠」、「不死」 のシンボル。

では、輪っかのようなマルになっていれば、クランツというのだろうか?

いや、フロリストが作るクランツは、美しくなければならない。

 

プロポーション、花の配置を考えながら、

 

まずは、”挿す”テクニックから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各々、イメージに合う花を選び、何時間も花を挿し続けます。

 

 

 

 

 

 

 

小さい花で作る人、色の組み合わせ、個性が光ります。

始まりも終わりもない形ですから、流れが止まってはいけません。

 

できあがれば、みんなで話し合う。

 

初めて作る、大きなクランツは達成感と満足感でいっぱいでした。

福岡花屋・フラワー教室 シェルミン