SCHELMIN

夏期(6月〜9月半ば)のご配送(クロネコ便)は受けておりません。
※自社配達は通常通りです。

ドイツ記:ドイツでの食事 1

ドイツと言えば! ビール!ソーセージ!!プレッツェル!!!

うん、まさにこの3つはよく食べた。

あと、日本で言うところの、トンカツにちかいもの、シュニッツェル、付け合わせ、ザワークラフト、カルトッフェルクレーセ など。

そういえば、いろいろある。ワインも。

 

ドイツは地方色の強い国で、ビールもソーセージも、その土地その土地で独自のものがある。

だから、どこに行ってもこの2つはいろいろ楽しめて、おいしい。

 

私が住んでいたのは、南ドイツ・バイエルン地方。

ソッセージは、ヴァイス・ヴィルスト(白いソーセージ)が有名だった。

仔羊ボイルしたソーセージに甘めのマスタードをつけてたべる。こちらは大好きなソーセージの一つ。

 

そして、ビアはヴァイツェンを1番飲んだ。大好きな大好きなビア。

ビアはおいしいさもさることながら、その安さは半端ない。

水より安いのだから。。。。。私のような貧乏人はビールしか飲めなかった。(笑)

 

昼間っからビールは飲むの?と思うだろうけど、正確に言うと、午前中から飲んでいる。

カフェに行くと、朝10時頃から、老夫婦が二人で仲良くビールを飲む姿を見かける。

心底、こんな夫婦になりたい、と思った。

 

 

 

まだ、あんまり写真を撮る習慣が無かったため、食事の写真は意外と少なかった。

 

 

最後の写真、嬉しそうな笑顔では決してない。苦笑い。。。。

 

肉食に疲れきった私の胃袋。周りが太った〜と嘆いている中、毎食後お腹を壊し、やせ細る日々。

1番重くないような料理を、読めないドイツ語のメニューからみんなで話し合い選んだ一品。

するとね、誰よりも1番重そうな料理がきたわけです。

笑い者になった1枚。

福岡花屋・フラワー教室 シェルミン