SCHELMIN

夏期(6月〜9月半ば)のご配送(クロネコ便)は受けておりません。
※自社配達は通常通りです。

大きい花を入れて、丸い花束の作り方

シャクヤク,花束レッスン,今回は大きいシャクヤクを使う花束です。
初心者はシャクヤクを使ったコンパクトな丸い花束。中級者は高低差をつけた丸い花束を作ります。

まず、花の下処理から始めましょう。いらない葉っぱは丁寧に取り除きます。

どちらもまずは中心を作ることが大事です。一番見せたいお花を真ん中に持ち中心を作ります。グリーンをクッションに使うと花が固定され作りやすいです。

バランスも考えながら組んでいきます。

丸いということは、バランスが均等になっていないと傾いてしまいますね。例えば、片側に花が集まったりすると、持った時に重さのバランスが悪くなってしまい傾いてしまいます。

重さが均等になっているということは、花がうまく入っているということです。

肩や手に力を入れすぎず、花束を作っていきましょう。花屋さんが花束を作りながら花束を振ったりするのを見かけたことはないですか。そうすると花が自分で動いてあるべきところに収まってくれます。試しに振ってみましょう。

あと、茎が華奢な花、折れやすい花(ガーベラ、トルコキキョウなど)は最後にもたないように注意しましょう。

紐で縛った時に折れてしまします。植物の性質も考えながら、花束を仕上げていきましょう。

 

 

 

福岡花屋・フラワー教室